スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

聖誕祭前夜の晩餐 

世の中はクリスマスやなんやら騒いでおります。
俺は例年通り、家族とのひとときを過ごしております。
家族は大事にしなきゃです。
ふん、彼女なんか・・・   彼女なんかーーーー!!!

すいません、できた試しすらありません


今日はイブということで、ウチではだいたいこの日にちょっとした御馳走が並びます。
今年も例年通り、お寿司とオードブル+クリスマスケーキの和洋折衷な組み合わせでした。
そこに、今年は俺から家族へのクリスマスプレゼントを並べました。
そのプレゼントとは、



「ギャートルズ肉」

クリスマスの肉料理といえば、七面鳥だとは思いますが、
同じ肉だから別にいいじゃんという適当な考えです。
友人のkonに教えてもらったあの日、クリスマスディナーはこれだ!とひらめきました。

こんなパッケージです。俺らの年代では「はじめ人間ゴン」でアニメをやってたはず・・・
CIMG0254_n.jpg


まず、レンジで約7分チンします。水分で曇ってしまいました。
CIMG0258_n.jpg


終了後、約6分そのままの状態で蒸らします。
このとき、既に良い匂いが漂ってきて食欲をそそります。
CIMG0259_n.jpg


開けてみた。
CIMG0261_n.jpg


全貌が明らかに!
CIMG0263_n.jpg


付属のタレをかけてみた。やべぇ、うまそう
CIMG0264_n.jpg


がっついた。肉は思ったほど硬くないし、タレもウマーーな感じで、
さすが値段が張るだけのことはあった。この味なら納得
え、どんな味かって?食ってみればわかるさ
CIMG0266_n.jpg


ごちそうさまでした。
CIMG0274_n.jpg


さすがに、残った骨でなんかやらかそうとは思えなかったので、まぁ、こんな感じで。


ちなみにウチの家族、俺以外全員、一口目だけがっついて、
あとは文明の利器(ナイフ&フォーク)を使うという、なんとも言えない虚しい感じでした。
ただ、味にはみんな満足してくれたんで良かった、良かった
スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://origin86.blog77.fc2.com/tb.php/97-72c15270

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。