スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

娘。ツアー2010春~ピカッ!ピカッ!~レポート@東京厚生 

去る3月20日,東京厚生年金会館で行われたモーニング娘。コンサートツアー2010春~ピカッピカッ!~の昼公演に参戦してきたので,レポートを書いていきたいと思います.

セットリストが気になる方はこちらの記事を参照してください.
ちなみに今回のレポートは,セットリストを基にして,感想等を添えた構成にしていきたいと思います.もちろん最前列ならではの気付いたことも交えていきたいと思います.
00.開演前
ナインスマイルから2公演引き続いての最前列確保という奇跡に一足早く昇天しそうになるもなんとか自我を保つべく必死.入り口近くに展示されたタオルへの直筆メッセージはガキさんさゆJJの3人のみしか記入されていませんでした.今後の公演で増えていくと思うので楽しみです.東京厚生年金会館の最前列はロープを張り,そのロープを係員がしゃがんで私たちの腰のあたりの高さで持ちステージへの接近を防ぐ方式でした.広い足場を確保すべく,始めからロープに寄りかかり気味でスタンバイ.デフォルトで広く取っていれば係員も人間なので,ある程度足場の融通はききますから.ちなみに今回は,5期メン推しで臨みました.愛ちゃんはデフォで応援していますが,ガキさんも髪を切って最近急浮上してきました.そして東京厚生はボード等に厳しいイメージがあったので,ボードは持たずに行きました.
sutage無題


01.Moonlight night ~月夜の晩だよ~
ステージ上段からウサギのコスプレでステッキ(?)を持ってメンバー登場.月=ウサギと言うイメージからでしょうか.ところでこの曲中に,メンバー2人ずつペアを組みもちつきを交互にするような振りがあるのですが,私の目の前ではれいながペアを組んで踊っていました.しかし交互に餅をつくはずがが間違ったらしく,れいなと同じ動きをしてしまって,
亀「ごめん,間違えた(笑」
れいな「えー,うそー?」
亀「ほんとごめん(笑」
れいな「そこ間違えると~?」
亀「ごめん,ごめん(笑」
といったようなやりとりが口パクでありました.勿論マイクに音声は入っておらず正確なところは判りませんが,間違えてからその振りパートが終わるまでれいなはずっとアイコンタクトをしていました.

02.気まぐれプリンセス(ショート)
この曲は私がフルで振りコピできる数少ない曲なので,最前でも構わず振りコピです.もちろん「ハッハッ!」入れながらです.そんな振りコピに一番食いついてきたのは,みっつぃでした.彼女たちから見たら全然出来てない振りだとは思いますが,こっちサイドに来たときには常に目を合わせて一緒に踊ってくれました.

03.恋愛レボリューション21(ショート)
ショートとはいえ,ここで恋レボを入れて来たあたりでこれからの怒涛のノリを匂わせるものだったのでしょう.

―挨拶
全員挨拶後にメンバーからプチMCがあり,今回はラッキーガールということで,れいな
事務所の自販機は50円とか80円とかで売っているらしく,れいなが100円を入れて50円のジュースを買ったらお釣りのところに60円入っていてラッキー!
というお話でした.

04.愛して愛して後一分
個人的になかなかヲタノリ経験値の低い曲でしたが,逆に彼女たちに集中することが出来たと思います.

05.なんちゃって恋愛(ショート)
06.しょうがない 夢追い人(ショート)

この辺のノリはもう言わずもがな,サビの振りコピが最低限の必須条件になりつつありますね.小春の存在をいとおしく感じつつも,その卒業によるパート変更に違和感を感じさせない彼女たちのパフォーマンスは素晴らしいと思いました.

―MC 6期メン
ここでのMCはが「コンサートでのステージ上の配置を覚えたつもりで覚えていない」というものでした.人によって覚え方は様々で,特にれいなは歌詞カードに絵なども書き加えてわかりやすくまとめているそうです.「それをマネしてみれば?」さゆは提案しましたが,絵里に絵を描かせてはいけない,「○」もきちんと書けないということで,さゆは即刻自分で提案を却下しました.そういった覚え方を入って来たばかりのエッグの子たちは出来ているのに,8年やってる私は出来ない,とはマジ落ち込み.ここでさゆの毒舌が炸裂「持って生まれた,なんていうの,・・能力が無いんじゃない?」.それに対し,「うん,直らないと思う」と開き直り,さゆれいなは「努力してみれば?見守ってるよ」と結果的には相談の意味が全くないオチ.
何事もなく終わるかと思いきや,そこはさすがPPPこと亀井絵里さん.やってくれました.ハケ際にスマイレージの笑顔キャンペーンについて告知したのですが,「スマイレージがデビューメジャーを目指して・・・」発言.
すかさずヲタ達(さゆ曰く)この日一番の「(´Д`)エェー」.

07.あの日に戻りたい(高橋愛・新垣里沙)
歌詞に合わせて,2人とも傘を持って登場.本当にガキさんも最近は声も容姿も大人っぽくなってきてますし2人の「聴かせる力」は高いと感じさせられる曲です.

08.大阪 美味いねん(光井愛佳・ジュンジュン・リンリン)
正直言って,この曲のつかみどころが未だわかりません.ただLLのマリンルックっぽい衣装がなかなか良いです.

09.大きい瞳(亀井絵里・道重さゆみ・田中れいな)
今回のアルバム「⑩ MY ME」のなかで最もわかりやすいノリの曲でしょう.最前と言うこともあり周囲のヲタは目に入りませんし,回数も重ねられていない曲なので自分なりにコールを入れていました.歌いだし:ロミオ→間奏:オイオイ→Aメロ:「L.O.V.E. LOVELY さゆみ」「さゆみー」→Bメロ:「名前入PPPH」→サビ:ジャンプ&ハンドクラップといった流れです.私のコールがわかりやすかったのか,隣のさゆヲタが私のコールについてきてくれたので嬉しい限りです.

10.リゾナント ブルー(ショート)
これもサビの振りコピが最低限の必須ですね.そしてなんといっても間奏終わりのヲタ共鳴(リゾナンス)はこの曲のハイライトでしょう.

―MC ソロ 日替わり
ここでは次のVTRにつなぐため,その曲に関するエピソードを話すコーナーです.この公演ではれいながこの曲の衣裳であるライダースジャケットの色違いを私服として持っていて驚いたというエピソードが語られました.

VTR(日替わり PV)
上のようなMCがあり,「泣いちゃうかも」のPVが流れ始めました.娘。たちは貴重な休憩タイムですが,ヲタ達はコールを入れ一緒に踊り,場を盛り上げます.私ももちろん全力投球.
ここが日替わりと知ったのは公演後でしたが,とりあえずこの公演でのPVが私の数少ない踊れる「泣いちゃうかも」で良かった.

~メドレー~
 11.LOVEマシーン
 12.ザ☆ピ~ス!
 13.悲しみトワイライト
 14.恋のダンスサイト
 15.浪漫 ~MY DEAR BOY~
 16.ここにいるぜぇ!

ラブマから始まった時は,またかよ感がぷんぷん漂ってきましたが,ピ~ス,トワイライト,・・・と怒涛の懐かしシングルが続くたびに,ため息が感嘆の声に変わっていき,周りからも「おぉー」という声が上がりました.新たな8人でのスタートにこういった曲を歌うことでパワーダウンはしてないぞというメッセージが感じられます.ピ~スの振りが若干変わっていましたがメドレー仕様ということですかね.

17.雨の降らない星では愛せないだろう? (中国語Ver.)
前回のナインスマイルでも歌ったので目新しさはありませんでしたが,ジュンリンが最も輝ける場所.特にリンリンの美声に酔いしれました.やっぱりLLには「大美味」よりもこういった聴かせる曲を歌わせてあげてほしいです.

18.女が目立って なぜイケナイ
19.3,2,1 BREAKIN' OUT!(ショート)
20.みかん(ショート)

最新シングルからブレイキン経由でのヲタ人気抜群みかんという流れは,メドレー以上に破壊力あり過ぎです.跳び続けて足が限界を迎えようとも,コールで喉と腹筋がやられようとも,この流れで最高潮に持っていかなければヲタじゃありません.そう言いきっても過言ではないくらい絶賛します.

21.元気ピカッピカッ!
アルバム曲ではありますが,振り付けがわかりやすいため初見でもついていける曲だと思います.ステージ上の彼女たちも元気ピカッピカッ!笑顔ピカッピカッ!私もこんなに笑えるんだ~ってくらい笑っていたと思います.

22.Loving you forever
曲調から言ってラストにふさわしい曲でしょう.全員分のソロパートを聴くことが出来る曲なので集中して聞き入りました.LLウマー.

↓ENCORE↓
23.HOW DO YOU LIKE JAPAN? ~日本はどんな感じでっか?~

盛り上げるには良い曲かもしれませんが,もう少し捻った選曲をして欲しかったですね.正直ライブで聴き飽きました.今回のセットリストの最も残念なところです.盛り上がりの否定はしませんよ,否定はしませんが・・・.

24.涙ッチ
曲調が変化する珍しい曲.だからこそ,この位置で正解だと思います.しっとり歌った後はガンガンノッてラストはまたしっとりと.そして歌詞も良い感じ.「⑩ MY ME」の中で最も好きな曲がオーラスで,もう満足感しか心にはありません.

まとめ
今回のセットリストは,個人的には大大大満足です.今年はまだ始まったばかりですが,これを超えるセットリストは今年中に出てくるのでしょうか・・・.それに相まって,最前列での参戦により彼女たちを独占しているかのような錯覚さえ覚え,興奮度・満足度は∞にまで昇華されたと言えるでしょう.ライブ中,メンバー間のアイコンタクトを見つけた時はもちろん,直にメンバーとアイコンタクトなんか出来たときにはモー。大変ですよ.

ちなみに今回の爆レスは,涙ッチを歌い終えメンバーがステージ上から手を振っている時に,私の目の前に来たガキさんに必死で呼び掛け緑サイを振ったら,前かがみになって満面の笑みで手を振り返してくれたことでした.ステージと最前列という近距離において勘違いは有り得ないですからね!

みっつぃも結構客席に視線を落としてくれるので好印象を覚えましたね.そして,私の中で徐々に歌とキャラの面でLLの株が上がっています.

セットリストを気に入ったので,仙台公演の前の八戸公演への参戦も本気で考え始めている今日この頃です.
スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://origin86.blog77.fc2.com/tb.php/218-ee28b022

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。