スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一年越しのメガベスト(6/8)~(8/8) 

ようやく,昨年発売されたメガベストシリーズのレビューを終わらせることが出来ます.
理由は後述いたします.
前回の記事を書いてから約一年が経とうとしているので,まずは軽く振りかえってみたいと思います.

1.カントリー娘。メガベスト

2.安倍なつみ -Best Selection-

3.タンポポ / プッチモニ メガベスト

4.ハロー!プロジェクト シャッフルユニット メガベスト

5.ハロー!プロジェクト スペシャルユニット メガベスト

文章の若さには目を瞑っていただいて(汗,それぞれのアルバムに収録されている曲の中から個人的に選んだ曲についてコメント付きで紹介してきました.それでは残りの3枚について書いていこうと思います.正直なところ上述した5枚に比べて思い入れが無いわけではありませんが,決して推しでは無かったのでこの記事一つにまとめたいと思います.
6.Mega Melon
メロン記念日はモーニング娘。の妹分としてデビューしましたが,近年は娘。の入れ替わりによる低年齢化や路線の違いにより,むしろ姉貴的なユニットとなってきました.そのライブはハロプロ随一の熱狂性を持つと言われています.そして,2009年に入りハロプロを卒業してからは「メロン記念日ロック化計画」と銘打ち,BEAT CRUSADERSやGOING UNDER GROUNDに代表されるロックグループとコラボレーションしてきました.おそらくBuono!よりもアイドル性の薄い「熱いロック化」(表現が難しいですが)と考えられ,その熱狂性に一段と磨きをかけているように思います.そんな彼女たちの曲の中から選んだのはこの2曲.鉄板曲で申し訳ありませんが,前者は娘。6期の課題曲.後者は言わずもがな,ライブの鉄板です.

赤いフリージア


This is 運命



7.中澤裕子 Legend
言わずと知れたモーニング娘。初代リーダーの「姐さん」こと中澤裕子.良くも悪くも彼女はハロプロを卒業した今でも現役娘。やOGに限らず,「ハロプロ」を経験した全員の精神的支柱になっていると思います.直接共に活動したことが無くても,先輩からの言葉伝えで武勇伝は語り継がれていっていますし,ブログでも書かれているように自身が卒業して何年たっても娘。を思う気持ちは変わっていません.そんな姐さんの曲からは,娘。全盛時にリリースされた鉄板曲と,自身主演ドラマのテーマソングになった曲を選びました.ちなみに娘。在籍時は「中澤ゆうこ」,卒業後は「中澤裕子」名義でのソロ活動となっています.

悔し涙 ぽろり


DO MY BEST



8.太陽とシスコムーン/T&Cボンバー メガベスト
女性4人組のユニットだが,メンバーの個性は他のユニットに類を見ないものだったように記憶しています.民謡家元,五輪にも出場した元体操選手,大阪パフォーマンスドール,中国人.彼女たちは2000年に解散したものの,それ以降も個人個人で活躍しているようです.特に元体操選手の信田さんは体操を広めようと普及活動を行っており,たまにTVでも見かけることがあります.そして,稲葉貴子さんは2009年までのハロプロには無くてはならない存在でしたね.彼女のパフォーマンスへの熱意やライブMCなど縁の下の力持ち的な働きがあったからこそ,これまでハロプロがまとまって続いてきたと思うし,中澤姐さんも年長2トップとして頑張ってこれたのではないかと思います.そんな稲葉さんも残念ながら今秋でアップフロントとの契約も満了しいったん表舞台からは下りてしまったようです.でもいつか,また指導役としてでも構わないので,戻ってきてもらいたいです.そして,エッグなどの若手の鑑として支えていってもらいたいです.そして,私が選ぶ曲は活動当時から私の頭に入っていた唯一の曲と,今年から行き始めた℃-ute紺でハマった曲のオリジナルです.

ガタメキラ


Yes! しあわせ




それでは,なぜ私がこの期に及んでレビューを書こうと思い立ったかというと,今月上旬にようやくメガベストコンプリート特典である「Hello!Project 10th Anniversary DATA BOOK2009」が手元に送られてきたためです.この特典が手元に届いたらメガベストのレビュー記事を完成させようと思っていたのでこのような時期での完成を見ることになりました.このデータブックに対する私の評価ですが,90点をあげたいと思います.もちろん100点満点で.

シングル・アルバムはもちろんVHS・DVDの映像作品に至るまで,2009年3月末日までにリリースされた全作品のジャケット,収録内容がリリース時系列で網羅されています.ライブDVDを例にとると,収録されている曲目,つまりセットリストも一目瞭然です.確かにこれをまとめるのは時間がかかって仕方が無いのかなという気持ちにもなります.
では,減点対象となったことについてあげていきたいと思います.

・所属アーティスト(昔も含め)のプロフィールを軽くでいいから載せてほしかった.
データブックと言うからにはアーティストについても触れられているものだと思っていたので少し残念.(契約上難しいのかもしれないが)
・発送が延びるなら延びるなりに何らかの対処をしてほしかった.
発送が遅れるアナウンスも6月以降は為されていない.それならば対象となる期間を6月とか8月とかまで延ばして掲載してほしかった.

総合的にみればかなりいい特典だと思います.この本だけに2~3万円かけるかと言ったら疑問符が付きますが音楽プラスこのくらいの情報量ならば,コンプリートした甲斐があるかなと私は思います.
P1020198.jpg

スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://origin86.blog77.fc2.com/tb.php/204-57ec7aa3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。