スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モーニング娘。秋紺レポート@仙台 

夢の世界の余韻に浸り続けて,早や20日が過ぎました.後述しますが,最前列の次元の違いを知ってしまい衝撃を受けたというか,激震が走ったというか,言葉では到底言い表せない感動を身を持って感じてきました.
しかし,シルバーウィーク以降,私にとって未体験のライブ祭りで喉を酷使し続けたせいか,喉風邪にかかってしまいました.咳が止まりません.


とまぁ,私の話はこのくらいにして,そろそろレポートを書きあげたいと思います.

去る11月1日,モーニング娘。コンサートツアー2009秋~ナインスマイル~が仙台市民会館にて開催されました.娘。の仙台公演は,昨年3月末の~シングル大全集!~以来約1年半ぶりでした.私の娘。参戦公演としては,あの小春ショックが印象的(あくまでも個人的に・・・)な松戸昼公演以来約1ヶ月半ぶりとなります.そのため,セットリストに新鮮さはありませんが,一度聞いているリストだからこそ,更に楽しまなければいけません.そして,この日が私にとっておそらく最後の「モーニング娘。久住小春」そして「歌手・久住小春となってしまうでしょう.残念なことに,一緒に参戦予定だった非ヲタの友人が風邪をこじらせてしまい急遽欠席となってしまいましたが,ロックのハローの神様が私に与えたもうた2枚の良席チケットで楽しめる絶好の機会.この日・この時・このライブの全てを小春と一緒に楽しもう!という意気込みで臨みました.

トーク部分はあくまでも雰囲気ってことでご了承ください.
<オーディエンス>
松戸公演の時はあまり感じませんでしたが,前日のよみうりランドでのイベント同様,女子率がやけに高かったです.女子率が比較的高いとされている℃-uteのライブも宇都宮・新潟と見てきましたが,それに匹敵もしくは勝るくらいの女子率の高さだったと思います.若者も今までより多めな感じに見受けられました(これは℃ほどではない).やはりというか予想通りというか,よみうりランドのイベントで見かけた顔もチラホラいました.その方々のなかに,私と同じく「仙台地元で,よみうりは遠征」と言う人はどのくらいいるのでしょうね(その逆がほとんどだと思いますが(汗).

<応援スタイル>
私としては℃紺で得た”振りコピしながらコール”というスタイルを更に磨こうと考えていました.娘。では特にリゾブ以降のシングル曲にあてはまるスタイルです.コールだけじゃ物足りなく感じてきていますが,かと言って振りコピに専念すると声が出せず,なんとなくライブ感に欠けるのでこれらの両立を目指します.振りコピでがっつく相手はもちろん基本小春.ただし,良席ということで目の前にきたメンバーにがっつくことも忘れてはいけません.箱推しは忙しいんですよ(笑.ただし,がっつくと言っても空気を読まない推しジャンプ(バラードやMCの時)はNGです.がっつき用に用意したボードはいつもはカタカナ2文字表記で「ステージから離れていてもわかりやすく」をテーマにしていましたが,さすがに,近ければ目が悪くても読み取ってもらえるだろうと思い,今回は漢字にしてみました.この写真はライブ終了後,数日経過してから撮影したので汚いですが,本番はもっと輪郭とかキチッとしてました(苦笑.もちろん,MC時,アンコールのコール時の使用ですよ.他のヲタの迷惑になりますからね.
P1020192.jpg


<昼公演>
良席その1,実質5列目左サイド.先述したように本来ならば私の隣には友人がいたはずですが,欠席のため私が2人分陣取ります=動きやすさ倍増です.1日2参戦の時の昼公演はノリの確認がメインです.振りコピの正確性,コール&ジャンプの精度を上げていきます.

・4人トークコーナー
今回はJJから話題が出ました.
”プリクラを撮って,髪の色を赤と茶色に変えてみたらどっちも可愛かったので,実際に変えようか迷っている.”というような話題でした.
まずはガキさん「無難に茶色で.」
客席「工エエェェ(´д`)ェェエエ工」
ガキ「なんでー( `e´)怒」
亀「最近怒りやすいよ」
  ガキさんの小姑キャラ・怒りキャラが定着してきたようです.
亀「ジュンジュンが自分のプリクラをかわいいと思った時点で,さゆみ路線ですから」
JJ「いえ,道重さんとは違います.ジュンジュンはジュンジュンの道を行きます.」
  かっこいい事言ってるようですが,まぁ間違いなくさゆ路線です.
  そんなこんなで,最終的には
JJ「半分赤,半分茶色に分けてどっち側のジュンジュンが可愛いか,みんなに判断してもらう.」

さゆれなトーク
れいな「最近カイジを映画館に見に行って,頭良くなりたいと思った.」
さゆ「どんな話?」
  れいな,ストーリーを追って話していく.
  見ていない人(私含め)にとってネタバレありでしたが,最後はちゃんと
れいな「~~~~,ここから先は映画で見て.さゆは映画見た?」
さゆ「あの『空間』が眠くなる.暗いし,音響くし・・・」
さゆれな「って,ここじゃん!」
さゆ「みんな寝ないで!!」
客席「イェーーー」
れいな「そういえば,・・・これ言っていいのかな.」
さゆ「え,何?」
れいな「入ったばっかりのころ・・・・.」
さゆ「あぁーーー(笑」
れいな「いや・・・・,これはやめとこ.今日は言わない!」
客席「工エエェェ(´д`)ェェエエ工」
れいな「うーん,言っちゃう?」
さゆ「いいんじゃない?言っちゃおう.」
れいな「娘。に入ったばかりの頃,6期のメンバーで先輩たちのライブを見に行って,みんなでカクンカクンいってた.3・4回同じの見てたから.」
   わかります,その気持ち.大事だとはわかっていても・・・,睡魔はなぜそんなにも強いのか.

・ハプニング
「でっかい宇宙に愛がある」の”誰かを責めるより~”のパートが抜けた.
その後のMCでガキさんがその理由を語ってくれました.どうやら,裏でスマイルボードを配った時にれいなJJのボードを間違って渡してしまって,それを交換していたので歌えなかったそうです.当の本人たちもステージに出てきたとき,お互いに,れいな「ボードの色,濃い!!」JJ「ボードの色,薄い!!」と思ったとMCで語ってくれました.
というか,ボードはメンバー同士で配りあうんですね.スタッフ任せじゃないところに好感が持てました.

・レス
松戸の時は後列気味な場所だったので期待していませんでしたが,今回は5列目ということでちょっと期待していました.先述したように,基本小春中心で,目の前に来たメンバーの目を見つめて楽しみます.結果から言うと,みっつぃJJと薄~~~く合ったかな?合ってないかな?くらいでした.その他はダメダメでした.
しかし,最後に逆転劇が!リゾブに入る前の『1! 2! 3! 4!』というところで,ちょうど目の前にいた小春と目が合い(小春前かがみになって私と同じ目線高さ),私は小春に向かってサイを突き出し『1! 2! 3! 4!』,小春は私に向かって指で『1! 2! 3! 4!』.
ヨッシャキタ━━━(゚∀゚)━━━!!
ボードを持ってアピールしてきた甲斐があったというものです.私の周りに赤サイを持ったヲタは居なかったのできっと,というか十中八九レス確定と信じています.

<夜公演>
良席その2,実質最前右サイド(舞台袖正面).センターではありませんでしたがヲタ人生初の最前列でした.さらに何の偶然か,私含め右側3人が小春推しで固まり,左側にはさゆ推しが固まりました.またその左には絵里推しが固まりました.
とにかく,これが私の千秋楽ですので体がバラバラになるくらい・いや,バラバラになってでも声出して体動かして,跳ねまくって楽しむぞという意気込みで臨みました.

・4人トークコーナー
今回はLLから話題が出ました.
”お風呂上がりに暑くて眠れない”というような話題でした.
まずはガキさん.「私は,お風呂で熱くなったらまず外に出ます.」
客席「フゥ━(♡∀♡)━!」
ガキ「いやいやいや,そのままじゃないよ( ・e・;)」
   「ちゃんとシャツ来て・・涼んでから寝ると眠れる」

JJ「私は窓全開で寝ます」
ガキカメ「いやいや,危ないよ.網戸もしてないの?」
JJ「してない.大丈夫!あたし強いから!川´・_o・)」
ガキ「亀は?」
絵里「私?(笑いながら)てか,裸で寝ればいいじゃん!」
客席「フゥ━━━(♡∀♡)━━━━!!」
ガキ「今,お客さん全員笑顔になってるよ!イヤラシイ笑顔だけど( ・e・;)」

さゆれなトーク
さゆ「性転換する魚がいるって知ってる?」
れいな「セイテンカン?」
さゆ「(性転換の説明)」
れいな「あぁー!性的な転換ね!」
  性的て・・・
れいな「どうして性転換すると?だって『私,今日からオスぜ!』ってなるんでしょ?」
さゆ「なんでだろうね.」
れいな「てっきりさゆ自分の話をすると思っとったら魚の話かぁ.」
さゆ「私,最近魚に興味があるの」
れいな「他には?」
さゆ「体は透けてるけど,中身が見える魚がいる」
れいな「へぇーー,なんやったっけ・・・.クラ・・,クラン・・・・,クランプトン!?」
さゆ「じゃなくてー」
れいな「クリオネア!クリオネア!」
客席「クリオネ!クリオネ!」
  いや,どっちにしろクリオネって魚じゃないですから・・・.まぁいいや・・・.
れいな「でも,それだけ知ってたら,さかなクンと対決できるやん」
れいな「(モノマネ)さかなですっ!」
さゆ「(モノマネ)さかなですっ!」
れいな「お客さんともやる?」
客席「イェーーーヽ(*´▽`)」
さゆれな「せーの」
さゆれな客「(モノマネ)さかなですっ!」

・最前ということ
私がコンサートに参戦するようになって約8年経ち,多くのコンサートに参戦してきたつもりです.コンサートの内容が変わってきているのはもちろんのこと,私自身年齢と参戦回数を重ねるに従い,その楽しみ方も変わってきました.正直なところ,記憶に残っているコンサートがあれば,記憶にあまり残っていないコンサートがあることもまた事実です.そんな中で,今回の公演は今後何年ヲタ生活が続くかわかりませんが,間違いなく前者となることでしょう.それほどまでに,最前列の魅力・魔力は想像を絶するものでした.そこは私が経験してきた他の良席とも2列目とも違う,言うなれば異次元・異空間と言ってもいいような空間でした.私と娘。の間に入る障害物が無いのです.普通のライブならば少なからず視界には他のヲタが入ってきますし,ラジオ収録でもガラスが間に挟まれてしまいます.彼女たちの本業であるライブという最高に輝く舞台を,まさに独り占めしているかのような感覚と,更には,後ろからヲタの声援が響いてきますので,声援を扇動しているかのような感覚に襲われました.そこに共通するのはまさに優越感.これが全くの勘違いだということは充分に理解しているのですが,視界に邪魔者がいないのもまた事実.同義として,前方向に動ける範囲が広いとも言えます.よって,動きの自由度(特に振りコピ&ロミオ)も大きくとることが出来ました.ちょっとしゃがんだとしてもステージを見ることが出来ました.ボードも肩の高さ以上に掲げることなくアピールすることが出来ました.
もちろん,ステージングに関して新たに発見したことや,改めて感じたこともありました.例えば,歌っている最中や,MC中いろいろなところで彼女たちはアイコンタクトをとっていました.それは動きの確認でも,おふざけでもあるのでしょう.おふざけと言えば,曲中(バラード系や泣いちゃうかも・気まプリなどダンス系除く)結構メンバー内でのからかい合いが多く行われていることにも気付きました.ライブDVD等で感じてはいましたが,実際に見てみると「え,ここで?」とか「あ,またやってる」とか,表現が難しいですが”ライブは活きているなぁ”と改めて感じました.

・レス
自分で書いておいて難ですが,最前にレスの話題は野暮ってものですね(汗.最前はレスがあって当たり前だと感じました.これが先に書いた最前列の魅力でもあり,魔力でもあります.魔力に負け、取り憑かれた人々が最前厨となってしまうのでしょう.前に誰もいないということで,ステージ上からはこちらの動きが丸見えですので,こちらが張り切れば必ずレスはもらえると感じました.
例えば,
MCの際に,「ちびっこのみんな!」という煽りに大人ヲタがふざけて応えるところで,ちびっこになりきり少ししゃがんで低い目線から声だししてみたところ,一番私に近かった絵里がこちらを見て(あきれて?)笑ってくれました.
様々な曲の「オイ!オイ!」場面では,近くにきたメンバーに勝負を挑むかの如くサイを持った拳を突き出せば十中八九,目を合わせながら一緒にオイオイしてくれました.
MC中の小春ボードの効果もあったと思います.ボードを腰のあたりで持っていても(顔の高さまで上げる必要無く)ステージから見える位置にあるので,後の人の邪魔には”絶対に”なりません.そして,アンコール前のMCから袖にハケる際,小春がボードに向かって手を振ってくれました.まぁ,これは私含め周りに固まった小春ヲタ全体へ向けてのレスとも受け取っていいと思いますが(汗.オーラスの退場時にも,小春はこちら側にハケてくるのでレスを期待していましたが,愛ちゃんにステージセンターへ引っ張り戻された小春はそのまま逆側へハケて行きました.私,唖然茫然です.申し訳ないですが,この時ばかりは愛ちゃんを恨みました.

・’シンガー’愛ちゃん
最前でこれまで以上に集中していたためか,色々な部分を見ることが出来ました.その中でも特筆すべきはシンガーとしての愛ちゃんがそこにいたことでした.特に「雨の降らない星では愛せないだろう」など聴かせる曲を歌っているときの愛ちゃんは,他メンバー以上に歌に心を込めているなと感じました.その佇まいたるや,アイドルではありません.単に嬉しい・悲しいといった感情を安直に表情に出すだけではなく,その感情を声に表現する巧さを持つシンガーでした.そうじゃなければ,表情を崩してまで歌声を重視するような歌い方は出来ないと思います.ハロプロリーダーはダテじゃない!

・総括
最前は色々な意味でコワイ(*´∀`)
スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://origin86.blog77.fc2.com/tb.php/200-73a4315f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。