スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(2/2)娘。イベ&握手会inよみうりランド レポート 

非常に長々とイベント前の様子をレポートしましたが,ここからがようやく本題の「イベント」および「握手会」のレポートです.
<イベント>
大まかに,前半部・イベント企画,後半部・ライブの2部構成で行われました.
○イベント企画
高橋愛ちゃんが出だしから早速,「全シングルカップリングコレクション」と言うべきところを「全シングリング・・・」と噛んでくれたので笑わせていただきました.
今回のイベント企画は,配布されたアンケートによって集計された「ファンが選ぶ好きなカップリング曲ベスト5」,そして「メンバーが選ぶ血液型別好きなカップリング曲ベスト3」を発表するものでした.結果は以下の通りです.PCの方は画像をクリックして拡大してください.
rank.jpg

話は本編から逸れますが私としては,ファンが選んだ5曲に関しては「弱虫」以外妥当な選曲だったと思います.2~4位は今やライブの定番曲となりつつある盛り上がり曲,そして「恋 ING」は言わずもがなな名曲です.ランクインした曲は確かに好きではありますし,記憶に残っていることは認めます.ですが先にも書いたように,私はこれらの曲を避けて「インスピレーション!」を推しました.もちろん好きな曲という大前提ありきです.他の理由としては,まず,新しい曲ほど記憶に残っているのは当然なのでスルー(最近名曲が無いという意味ではない).名曲と言われる名曲はあまり選びたくない,もちろんライブの定番も.そして,最も大きな理由は,私のヲタとしての原点・後藤真希在籍時の曲を選びたい,というものでした.

それでは話をランキングに戻しましょう.AB型は絵里しかいないため「ABと言えば亀井」ということで亀井型という表記にしたそうです.危うく「あいぼーん」と叫ぶところでした(笑.客席の反応を見ると,自分たちが選んだこともあり歓声が多く上がっていました.「弱虫」がランクインしたときガキさんさゆは大喜びでした.そして,メンバーが選んだ曲がエピソードと共に発表されていきました.これといったサプライズは無く,客席もメンバーもなるほど納得といった印象でした.

○ライブ
ランキング発表の後はミニライブです.私はてっきり2・3曲歌って終わるんだろうなぁと思っていたので,タオルやライブ用ハーフパンツを持っていかなかったのですが,始まってみたら10曲程度歌ってくれるし,野外の暑さだしで,パンツもジーンズも残念なことになってしまいました.反省します.Tシャツだけは着替えていたので最悪の事態は防ぐことが出来ました.そして,せっかくなので正確にセットリストをメモろうとしましたが,ついついいつものノリで楽しむだけ楽しんでしまったため,毎度のごとくライブ終了後の”記憶に残ったこと”だけのメモになってしまいました.そのため私のメモに他サイトさんの情報を補完した形で書かせていただきます(上記ランキングも同様).

01. Hand made CITY
02. ラヴ&ピィ~ス!HEROがやって来たっ。
03. 気まぐれプリンセス
04. インスピレ-ション!
05. すべては愛の力
06. NATURE IS GOOD!
07. Please!自由の扉
08. SEXY BOY~そよ風に寄り添って~
09. その場面でビビっちゃいけないじゃん!
10. Happy Night
11. 恋ING

下線曲はシングル曲です.
私にとって一番のサプライズは「インスピレーション!」を歌ってくれたことです.ランキングにも入らず,まったく期待していなかっただけに本当に嬉しかったです.4・5・10・11辺りは,ライブで歌われることがあまり無かった(特に最近は)と思うので,客席のノリは比較的娘。の煽りを受けて・という印象がありました.それから,周りはそうでもありませんでしたが,「セクボ」のイントロで私は思わず感嘆の声をあげてしまいました.私にとって,「セクボ」は完コピを目指した最初の曲でもありますし,当時公式サイトでは振り付け指導のマンガも配信されていたくらいですので,大変思い入れのある曲です.その曲がこういった”カップリングコレクション”の場に出てくるとは思ってもいなかったので,そういった意味では「インスピレーション!」と同等の喜びだったように思い返します.


<握手会>
さて,ここからが正念場と言っても過言ではありません.握手会です.メンバーもいったん掃けて,お色直しです.その間に握手会についての諸注意がアナウンスされました.そのなかで,「握手は歩きながらとさせていただきます」のアナウンス.予想はしていましたが,やはり高速握手会なのでしょう.これだけの人数(ざっと見て3000人程度)と握手を交わすわけですし,まぁ致し方ないのかなと思いました.握手はAブロックのステージに向かって右ブロックから始まるようでした.私は右から2番目のブロックでしたので,比較的早い段階での握手となりました.そうこうしているうちにメンバーがステージに再び姿を見せました.ここで,大きな誤算が発生しました.それは握手順です.私はてっきり8期→5期&若い順の握手を想定していましたが,実際の順序は

高橋愛リンリン田中れいなジュンジュン新垣里沙光井愛佳亀井絵里久住小春道重さゆみ

でした.ここで,私が練っていた計画を列挙します.

愛ちゃん仙台から来て明日も参戦することを伝える.
絵里ポケポケを使って何か言う
れいな福岡弁で応援してますと言う.
さゆうさちゃんピースをしてもらう.
小春→とにかく想いを伝える.
JJLL中国語で応援していますと伝える.

計画通りならば,みっつぃガキさんで飛び石のクッションを入れることができたはずなのに,このクッションが隣り合ってしまいました.つまり,前後で実行すべき計画が詰まりすぎてしまったのです.こうなったら仕方が無い.できるだけのことをやるしかありません.

握手がスタートしました.初めはブロック関係なく,小さなお子様連れの家族をまとめ,ゆっくりと握手をしていきます.それほどスタッフの剥がしもきつくありません.この家族グループと一般ファンの間はスペースがあり,家族連れが全員終了するまで一般は握手がスタートしません.愛ちゃんが一番初めに握手が終わります.家族連れはゆっくり流れていくため手持無沙汰になる時間が長めです.握手が終わると間髪いれずに,客席に向かって手を振り始めました.この辺りはさすがプロです.待っている観客に少しでも有意義に時間を過ごしてもらうためのサービス,素晴らしいです.順次握手が終わったメンバーは客席に手を振っています.テンションが俄然上がってきました.並んでいる列を見ると,握手会という性質からか,何かの衣裳風のへそ出しフリフリ服を着ている女性や,3本のモヒカンに「こ・は・る」の旗をつけた人などアピールに必死な人が見受けられました.ちなみにそんな私はイベントTの上に長袖パーカーを羽織っただけです.
ついに,一般ファンの握手が始まりました.その直後,観客席からは「ウォー!」と歓声が上がりました.一番最初だからペースがつかめないのか,握手が長い!歩きながらというアナウンスにもかかわらず,多少は立ち止まれる,いわゆる低速握手に分類される速さでした.しかしある程度流れが出来るとスタッフもペースをつかみ,剥がしが徐々にキツくなってきます.そんなときにその流れを緩衝してくれるのが,小中学生の女子やその家族です.小さい子供連れ同様に,ゆっくりと握手をしてもらうため列の途中であっても,一般ファンとの間にスペースを空ける必要があります.そうすると剥がしのペースが崩れ,次の一般ファンは若干長めに握手できているように思えました.そんな私の3人前には小学生くらいの女子と母親がいました.よってスタッフの剥がしがペースをつかむ前に,粘って握手できると踏みました.徐々にステージが近づいてきました.登壇すると,やはり,先程の女子と母親が握手した後には待ち時間が少しできました.私の前の2人は友人同士のようで,ステージ上にもかかわらず握手の練習をしていました.それを見ている当の私はもう「頭真っ白」で,とにかく脳内リハーサルを信じて,そして,楽しむしかない!としか考えられませんでした.

スタート,目線はメンバーの目から少しも外れません.

○愛ちゃん
私「今日,仙台から来て,また明日ライブ見に行きます.」
愛ちゃん「あ~,ありがとうございまーす.」
○LL
私「応援してます!」
LL「ありがとございます.」
私「支援着你」
LL「おー!ありがとございます.」
○れいな
私「応援してます.」
れいな「ありがとうございます.」
○JJ
私「支援着你」
JJ「・・・」
私「通じないかな?」
JJ「・・あ,ありがとうございます」
○ガキさん
私「応援してます」
ガキさん「ありがとうございまーす.」
○みっつぃ
私「応援してます」
みっつぃ「ありがとうございまーす.」

○絵里
私「今日もポケポケしてましたね.」
絵里「ハハッ(笑,ありがとうございます.」

○小春
私「・・・」
小春「ありがとうございます.」
私「大好きです!!!!!」
小春「(スルー)」

○さゆ
私「応援してます」
さゆ「ありがとうございま~す.」
(握手後)
私「(頭に手を当て)うさちゃんピース!」
さゆ「(頭に手を当て)うさちゃんピース!」

終了

小春にスルーされたのが,トラウマになりそうです.何でもいいから言ってほしかったなと言うのが率直な感想ですね.最後にさゆにうさちゃんピースをしてもらったのが本当に救いです.自分でも驚いたのは付け焼刃の中国語が通じたことです.と言ってもLLに通じたのはきっと先に「応援してます」と日本語で言ったからでしょうね.だからJJには通じなかったのではないかと考えられます.計画はほとんど実行できましたが,れいなには福岡弁を使えませんでした.LLに中国語が通じた時点で,そのことが頭から吹き飛んでしまいました.いやぁ,でもLLより推しメンのれいなに対して,何の変哲もない「応援してます」は,自分のセンスを大きく疑いますね(苦笑.

今回の点数,75点
反省:メンタルを鍛えて会話に慣れましょう
スポンサーサイト

この記事へのコメント

おつかれいな

こんにちは。イベントレポート楽しく読ませていただきました。とても楽しいイベントでしたね。選曲も満足です。
自分は℃-uteのよみうりランドイベントと同様、結構歌うであろうと予想し、カップリング+気まぐれプリンセスと予想してましたが、セクボは完全想定外で嬉しかったです。ライトファン来場を見込んでの選曲でしょうね。
握手会レポート面白かったです。さゆは最近一番最後が多いみたいですが、さゆが最後で良かったと思える展開でした。
小春には、いつかまたソロになってからのイベントみたいな機会でリベンジしてください。

バッチリンリン!・・・

コメントありがとうございます.

>seasonzさん
イベントおつかれいなでした.握手バッチリンリン!とはいきませんでしたが,いつか小春にはリベンジしたいものです(苦笑.確かに結果的には,ラストがさゆで良かったです.
ライトファン(と思われる)方々も多く見受けられたようでしたので,セクボはアリでしょうかね.正直言うと,もっとガチガチにカップリングで固めてくると思っていたので,私としても良いアクセントになりました.

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://origin86.blog77.fc2.com/tb.php/199-cb10b753

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。