スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バスガイドキャンペーン 

前の記事でも少し触れましたが、Berryz工房の6月3日発売の「青春バスガイド」。
最近のハロプロには珍しい大々的なキャンペーンが実施されました。
シングルタイトルに千奈んで、ラッピングバスが都内を巡回したのです。しかも時間によっては、バスガイドに扮したメンバーが実際に搭乗して巡回するというものでした。
berybus.jpg
私的には、このようなキャンペーンは大いに歓迎します。今後も積極的に取り組む必要があると思います。実際にシングルの売り上げに直結するかどうかは別として、ヲタ以外の人々にどうやって存在をアピールしていくかといったら、歌い手側(本人含め、事務所的な意味で)が能動的にアピールしていくことが一番ではないでしょうか。


能動的と言えば、このキャンペーンの映像を見ていて、バスに搭乗したメンバーの、周り(我々一般人)に対するアピールがとても活発に思えました。
通常、ライブやイベントなんかでは、客がこれでもかとアピールをし目立つことでそれぞれメンバーからレスをもらうといった図式が成り立っています。
しかし今回に関しては、正反対と言ってもいいほどの図式が垣間見れたと思います。特に女子中高生に対しては同年代という共通点もあるからか、メンバーは異様な盛り上がりを見せてくれました。
このように、透過してしまうことの多い”客→メンバー”の受動的なベクトルではなく、”メンバー→客”といった能動的なベクトルを持つことは、ヲタが大喜びするのはもちろんですが、ライトファンやベリを知らない人たちへの「親近感」と言ったら語弊があるかもしれませんが、そのような感情を与えるアピール力はかなり大きいと思います。

前述しましたが今後もこのような宣伝・アピールを積極的に、ベリだけでなく娘。にも℃にも取り組んでいって欲しいと思います。
窓をバシバシ叩くのはやめましょう(笑。

このバスの旅の模様は下記リンクから(①~⑤)見てください。
        
スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://origin86.blog77.fc2.com/tb.php/147-d5cc6561

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。