スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白日 

巷では、ホワイトデーですね。
例年ならそんなの無視です。
今年は違います。お返しをしました。
なんの心境の変化でしょうね、自分でもわかりません。
何年ぶりか覚えてないほど昔以来です。








母と妹にw。

既製品を買うのも味気ないので、極秘で手作りしてみることに。
とは言っても普段料理なんかしないので難しいのは作れません。

ふと、頭をよぎったのは「生キャラメル」。
既製品はそこそこ値段が張るし、あまり口にできるものではないと思ったからです。
流行ってるしね(笑。
本日土曜は休日だし、自分はバイトなので、昨日作りました。

参照したのはこのサイト

まず、弱火にかけつつ材料を全て牛乳に溶かす。
CIMG0054.jpg

あとは弱火にかけつつ、ゆっくりとにかく混ぜるだけ~。
5分経過、まだ変化はありません。
CIMG0055.jpg


10分経過、ほぼ変化なしですが、周辺部に膜のような固形物。
CIMG0056.jpg


15分経過、周辺部の変化が顕著に表れ始める。
CIMG0057.jpg


20分経過、沸騰が始まり、まんべんなく混ぜないとフライパンに付着してしまう状態。
CIMG0058.jpg


25分経過、この辺から色と粘度の変化が顕著になり始める。
CIMG0059.jpg


30分経過、ほぼクリーム状。
CIMG0060.jpg


35分経過、トレーに移し替え冷却。
ポツポツ焦げがあるのが残念。でも、味見結果はまぁまぁOK。
しいて言うなら、もう少しやわらかめが理想かな。
そのため、口の中での溶け具合は、本家:花畑牧場製よりも少し遅い感じ。
CIMG0061.jpg



思ったより簡単にできました。
粘度が増してくるのも最後の短時間だけなので混ぜ続けるのは楽でした。
やっぱり口の中で溶ける絶妙な柔らかさって難しいですね。
これに関しては経験が必要だと感じました。


そして今日、母と妹に渡しました。
母「おぉー、美味いよ。ちゃんと(口の中で)溶けるじゃん」
妹「うめぇーー。学校でみんなに配るかな」


とりあえず、喜んでもらえたようで。めでたし、めでたし。


こんな俺でも簡単にできるんで、皆さんもお試しあれ。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://origin86.blog77.fc2.com/tb.php/126-79f4d0a6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。