スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時間があると逆に喋れない 

ごーっちん!
ごーっちん!
ごーっちん!



いや失礼.ついつい興奮してしまいました.

この週末,数年ぶりに仙台へ後藤真希がやって来ました.土曜日は地元TV・ラジオ局の夏祭りイベントでのパフォーマンス.日曜日はドンキホーテの仙台南店で新アルバム発売イベントでした.

正直なところ,今回のこれらイベントに参戦するかどうか迷っていました.ごっちんはハロプロを抜けた身だし,ハロ所属末期からのあからさまなセクシー路線への変更に私はアンチ意識に近いものすら持っていました.その意識はごっちんがエイベックスに移籍してからも変わらず,Sweet black名義で出していた曲には見向きもしませんでした.セクシー路線にどうしても納得できない自分がいたのです.「ごっちんは変わってしまった」とすら思っていました.

その私の頑なな思いを揺さぶったものは,久しぶりに見た「ハロモニ劇場」でした.ハロモニ劇場というのは,テレビ東京(仙台ではミヤギテレビ)で過去に放送されていたモーニング娘。の冠番組「ハロー!モーニング」の中のコントコーナーです.そこには若かりし(笑)メンバーたちのハッチャケた姿が映されていました.もちろんごっちんも.それを見て,「売っていく路線が変わったら人も変わるのか」という疑念を抱きました.そう思っていた矢先に今回の新アルバムイベント,更にイベント前日に夏祭り無料ライブが実施されることを知り,元ごっちん推しであるという意識と,応援をやめるかどうか決めるのはもう一度ごっちんの歌う姿・踊る姿・喋る姿を見てからでも遅くはないという思いから参戦を決意しました.
続きを読む
スポンサーサイト

no hesitAtIon 

ハロプロのマリッジソングアルバムの内容&歌手の発表がありましたが、
それは後ほどとして、それよりも大事なことのあった日でした。
忘れていました。そういえば、今日でした。
ついに、あの人が歌で帰ってきました。
タイトルは「no hesitAtIon」
名前が隠れていますね。AI・・・あい・・・愛?
ちがいます、亜依。
そう、あいぼんこと加護亜依です。

自分はあなたのことを見捨ててはいませんよ。
確かに、あなたは過ちを犯しました。しかも2度も。
当時、復帰間近といわれながらの2度目の過ち。→解雇。これにはとても心を痛めました。
復帰後に、さまざまなエピソードを語ってくれたこと。いろいろな意味でショックを受けました。
でも、芸能界に戻ってきてくれて本当にうれしかったです。
バラエティでの「ぶっちゃけキャラ」も良いでしょう。舞台や映画出演も喜ばしいです。
そんな中でも、やっぱり一番うれしいのは、歌を歌ってくれることです。
本当に感謝です。これから「は」自分のペースで無理せずに進んでいってほしいと思います。


さて、その歌はどんな感じで仕上がっているのでしょう。
第一印象は「あいぼん健在、ここにあり」って感じでしょうか(笑。
あいぼん独特の透明感のある声に磨きがかかって、「まろやかさ・丸さ」が増した気がします。
高音部のキンキン感があまり感じられなくなっている気がしました。
年齢とともに、歌声も成長していってます。もちろん良い方向に。
そして、なんと作詞もあいぼん本人が手掛けているということで、うん、気持ちがダイレクトに伝わる一番の方法だと思います。
タイトルには直訳通り「ためらわない」の他にも「no AI」つまり、今までの私じゃないぞ!という心機一転の意味も含まれているのではないかと深読みしています。

「加護亜依 / no hesitAtIon




あ、今この場でお礼を言わせてください。
あいぼん(もしくはスタッフさん)!
その節は選んでいただき本当にありがとうございました。
大切に保管しています。使えませんよ、貴重すぎて。
CIMG0079.jpg

ミヒっとマルいGTさん 


のライブにはじめて参戦してきました。

初ミヒ

初イズミティ21

だったんですが、箱の小ささに良い意味でビックリウッシッシ

ホールなんで、ある程度の小ささは予想していましたが、2階席がないとはあせあせ(飛び散る汗)

だから、後ろから3列目の俺からもステージははっきり見えました。






↓↓一番の新鮮さは、何といっても客の層・雰囲気の違い↓↓


半分が女性という乙女座女性客乙女座の多さexclamation ×2


ライブに入れ込むミヒマリストの少なさ(もちろんミヒマリストはハロヲタと雰囲気はまったく違います)


そして、俺含め半分が新規参戦者。
これははっきり言って俺のホームではほぼ有り得ませんもうやだ~(悲しい顔)
非常にうらやましいです。幅広い人たちに聴かれているということですから。





ただ、その弊害がアンコールのコール時に発生exclamation ×2
経験者:おそらくmihimaru独自のコール。よく知らないが「ミヒマルなんたら・・・・」
一般:普通に「アンコール・・・」
この2つが入り混じり、コールがだんだん小さく。

そこに新興勢力「Yes! ギュウ タン!」(オバマ氏風に)出現
が、いったん絶滅。

アンコール明け30秒前くらいまで迷走した挙句、「Yes! ギュウ タン!」に統一されましたたらーっ(汗)

ばっちりhirokoにツッコまれました。




確かに楽しかったexclamation ×2こういうライブもありだとは思うわーい(嬉しい顔)

ただ、コール&レスポンスとかクラップが主体だから、
PPPHとか振りコピしてなんぼだと思ってる俺みたいな輩にはちょっと物足りなかったかな~バッド(下向き矢印)
みんなと同じように普通にサイリウム振ってたら係員に「高く上げすぎ」言われたし。
「いや、前の人たちどうなのよむかっ(怒り)」とは思ったけど、avexクオリティに合わせるさ、そこは。

ハロー系でこの体力の残り具合だったら不完全燃焼もいいとこです。手(パー)
声枯れもしてないし。やっぱり畑が違うってことを思い知りました。あせあせ

大まかにはこんなところで。
うわぁ、いろいろ思ったことあったけど書ききれねぇげっそり


とにかく、握りこぶしを高く突き上げろ!!
合言葉は
危険・警告「Yes! ギュウ タン!」危険・警告

a-nation終了(ネタバレ無し) 

はぁー、終わったグッド(上向き矢印)exclamation ×2

やっぱりライブはいろんな意味で熱いぜ


では主な感想
1、アミーゴと高杉さと美は予想以上にギザカワユスあせあせ(飛び散る汗)

2、もっちーは予想通りのハッチャケ

3、俺の席に驚き衝撃exclamation ×2
ステージ向かって左半分の真ん中で前から2列目
もちろん双眼鏡いりませーん


a-nation前 


ナスパのa-nation07に来てるぜ!

曇ってるからまだいいが、暑くてまだ開演前なのに汗ヤバい・・・

さて日焼けしつつ楽しむか
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。